崎田恭平

宮崎県日南市長

私が政治に初挑戦した市長選が33歳の時。当時、「田舎町で若者に市長は無理」と言われ続けました。
しかし、予想を覆し市長選に当選。以後、地方創生が叫ばれる中で様々なチャレンジをし続け、今、市内で少なくとも「若い」ということを理由にした批判の声は聞かれなくなったと思います。

ただ、地方政治において、まだまだ若者が少ないのが現実です。日南市議会では、20代、30代の議員はゼロ。
政治の世界こそ多様性が必要です。そのための第一歩が「被選挙権年齢の引き下げ」だと思います。

市長になり3年。
地域の未来を決める地方政治に若い世代に関わってほしいという思いが以前より強くなっています。
ぜひ一緒に立ち上がりましょう!